スポンサーサイト

Check
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザと免疫力

Check
近所の方がインフルエンザにかかってしまったようです。
つらいですよね。私も以前かかってしまったのですが、最初このダルさはなんだろうというくらい不安になりました。それ以来予防接種を受けているのですが、予防接種を受ければ絶対感染しないということではないので、手洗いやうがいといった基本的な予防に努めております。


インフルエンザがどうしてこういった時期に流行するかというと、インフルエンザウィウルは気温が低く湿度が低くなると生存率が上がるからだそうです。
ですから夏などには流行しないみたいですね。

インフルエンザは大人がかかってもつらいのですから、子どもや年配の方がかかると重症となる恐れもあります。そんなインフルエンザにかからないための予防にはどのようなものがあるでしょうか。


うがい手洗いが予防法として強調されますが、最終的には人の免疫力がものを言います。
この免疫力を高める方法としては、普段からの生活が重要になります。
例えば十分な睡眠をとることで、免疫力は回復するといいます。
風邪のひき始めに十分に睡眠をとることで、大した症状にならずに済んだということはないでしょうか。
これは十分に睡眠をとることで、免疫力が回復していくからのようです。

次にバランスの良い食事をとること、適度な運動をすること、ストレスをできるだけ減らし笑う機会を多く持つこと。
なんだ健康の基本的なことではないか?と思うかもしれませんが、その基本がとても重要なことなのです。

また年齢を重ねることに免疫力は低下していってしまいます。
加齢により体力の低下、免疫力の低下といったものはしょうがないものですが、そのスピードを緩めることだって普段の生活から予防できるのです。

もしインフルエンザにかかったとしても軽く済むように、小さなことかと思うかもしれませんが普段からこうした毎日の積み重ねが健康のためには大切なことなのです。


スポンサーサイト

疲れたときにはお風呂

Check
先日温泉に行ってまいりました。
やはり日本人ですかね、温泉に入ると癒されます。
最近は身近な温泉施設が数多くできて、ちょっとした時間にでも行けるのがうれしいですし、いろいろなお風呂が楽しめるというのも家での入浴とは違いまた良いものです。



温泉というと炭酸風呂ってありますよね。
炭酸風呂というのはあまりお湯の温度も高くなく、小さな泡がぶくぶくとでているのですが効能に疲労回復となっているのを見ると思います。

入浴というのは体を温めることによって血行が良くなり、体の中にある疲労物質や老廃物を血液が回収し体外に排出する効果があります。そのため入浴すると疲れが取れることになります。

それに加え炭酸風呂での疲労回復の仕組みですが、炭酸というのは細かい気泡に含まれている高濃度の炭酸ガスが含まれていて、その炭酸ガスというのは皮膚から入りこめる数少ない物質だそうです。
そのガスが体内に吸収され、毛細血管が開き血液の循環が良くなり普通の入浴よりも効果を高めてくれるのです。


筋肉の低下による血液の循環の悪化を防いだりしてくれるので実際病院や介護施設でも人工炭酸風呂が利用されているなんてところも多いようですね。
こうした分野だけでなく美容、健康の分野でも注目されていて冷え症の改善に効果があったり、炭酸というのは弱酸性であるため肌への刺激もすくなく引き締め効果も高いと言われているのです。


温泉までいかなくとも自宅で炭酸ガスが含まれている入浴剤も多くでています。
疲れたなあってときは、温泉でも自宅でも炭酸風呂に入ってみてはいかがでしょうか。
ただこうした難しいことを考えなくても、純粋に気持もよいですからね。

浅い睡眠について

Check


昨晩悪夢を見て、妙に早い時間に目が覚めてしまいました。
こういった夢を見るときって大抵疲れたときなんですよね。

逆に体調が良いときはあまり見ないような気がします。みなさんはいかがでしょうか?



怖い夢をみる原因を調べてみたところ、心が不安定だったり、ストレスがたまっていたり、極度の緊張状態、風邪をひいていたりして呼吸しづらくなっているときなどがあげられるようです。
あと、胸の上に手をおいて寝ていたり、枕を抱いていたりなんてことがあると同様に怖い夢を見てしまうなんていうのもあるそうですが、昨晩はこれだったのかもしれません。
首もちょっと寝違えた感じがします。


ところで睡眠中というのは体が緩みます。肩こりを持つひとでも寝ているときというはコリが消えます。
ですから長時間良くない姿勢で寝ていたとしても睡眠中であれば寝違えたということは起こりません。
ですが睡眠が浅いことが続くと体がしっかりと緩まないため、このように寝違いが起こるのです。


当院でも寝違って首が痛いと来院してくれる方がいらっしゃいますが、何度も寝違いが起こる方は浅い睡眠が原因になっている場合もあります。
ストレスや疲れが浅い睡眠の原因となることもありますが、中には骨盤の歪みが原因であったりなんてこともあります。


もし寝ても疲れが取れない、寝違いが起こりやすいといった症状があれば、一度診察にいらっしゃて見てくださいね。

寒さと痛み

Check

今年は雪も少ないのかな?と思っていたら、急に積りましたね。
強い寒気が流れこんだ影響で、日本列島各地で大雪に見舞われ大変ではなかったでしょうか。

やっと雪もひと段落といったかんじで天候も落ち着いてきましたが、こうして寒くなると体のあちこちで痛みがでることがないでしょうか。

頭が痛くなったり、肩が急に上がらなくなったりと寒いと色々な症状がいっぺんに来たりするものです。


寒いと何故痛くなるかというと、寒さで血流が悪くなり筋肉や血管が固くこわばるからです。
そして固くなってしまうとその周辺の神経が圧迫されて敏感になります。
そのため寒いと昔怪我をした部分や、腰痛などが確実に痛んでくるのです。

あと寒いと体をすくめたり、背中を丸くしたりの姿勢をしますよね。
それで背中の血流がさらにわるくなってしまいます。
こうしたことが重なって痛みもひどくなってしまうものです。


そのため入浴や運動で体の血流を良くすれば痛みが取れるといわれていますが、実は急に血流を良くするとかえって神経を刺激してしまい、痛みが強くなってしまうこともあるのです。


ではどうすればよいのか?というと、普段から体を冷やさないようにしましょう。
寒い日は普段より一枚多く着たり、家の中でも体を保温することが大切です。


まだまだ寒い日が続きそうですが、痛みが出ないように暖かくして過ごしたいですね。

あくび

Check
おはようございます。
富山は昨日の夜から雪です。
しばらくは冬型の気圧配置が続くそうですが、気温も本日は最高予想気温が1℃となっています。先週まで、こちら富山では、もう春がきたのかと思うくらいよい天気が続いたので寒暖の差がありすぎて体がついていきません。
寒さ対策をして、乗り切りましょう!

寒いとあくびが出る・・・
よくそう感じます。
あくびは血液中の酸素が不足したときに、酸素を多く取り込むために出るらしいです。
あくびは眠いとき、疲れたとき、寒いとき、退屈なとき、逆に緊張しているときにもよく出るようです。
不思議ですね。
誰かがあくびをすると、それを見て周りの人もあくびをすることはよくあります。
人のあくびを見て自分の酸素を取り込まなくては。。。と本能的に起こるそうですよ。

よく、退屈な会議のときとや、つまらないときに出るあくび。上司に叱られそうですが、このあくびは起きようとする気持ちの表れだそうなので褒めるべき行動なんだとか。
朝のあくびも同じく覚醒へと誘導するためのものだそう。

人前でははばかれることになってしまうあくびですが、体の素直な欲求ですので我慢せずに気持ちのよいあくびをしてスッキリさせましょう!

プロフィール

山達靖夫

Author:山達靖夫
原因のわからない頭痛・腰痛・肩こり等で悩んでいませんか?あきらめる前に【東京施術院】にご相談!眼精疲労・更年期症状・肘痛・四十肩・五十肩・O脚・冷え性・便秘症・月経不順・事故後遺症・神経痛・リウマチ・坐骨神経痛・耳鳴りなど、お悩みの原因を探していきます。

フォローお願いします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ぎっこり腰にならないために・・・
ランキングに参加しています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。